スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドプランテーションAAブルックリン(16) 

実家に帰省した際、思い切って炭火で焙煎してみました。


焙煎道具は100円ショップで買ってきたものを。


20061128151834.jpg



計200円なり。

500gの生豆を5回に分けて。
畑の小屋の中でひたすらシャカシャカと。
綺麗ですねえ炭火は。


20061128152000.jpg



だいたい25分くらいかけて煎りました。

2ハゼ終まで。


3日後に試飲してみました。
ナイスカットミル6番で25g。ネルドリップで。

やっぱりハチミツのような香りがします。
雑味もなく、すっきりはしていますが、コクがあります。
とても感動的な味です。
嬉しい。

過剰抽出は、多少荒めに挽くことで抑えています。
とはいってもいずれ適したネルを自作するつもりです。

これはやはり「最初の10分間」原則の守ったからだろうか.

ボリビア・リオコロラド15)  


11分で2ハゼ始まりくらいまで焙煎しました。

ネルの影響もあるでしょうが…
非常に甘みを感じられる豆でした。

というか、全体のバランスが取れているために
感じられるような甘みですね。
決して甘みだけが突出しているわけではない。

好きですね。これ。

エチオピア ジェマドロ(網干し乾燥)(14)  

10分間で1ハゼ終りまで焙煎。
以前、焙煎したときに、浅めの焙煎でも非常に
美味しくいただけたので、今回も同様に。

うん、やっぱり美味しいです。

これはきっといい生豆なんだろうな。

暫定的な答え。 


先日の「疑問」の記事に対する暫定的な答えがでました。

田口護氏の「珈琲大全」によると、つまりは、

「生豆には見た目ではわからないバラつき(含水量などの)
があり、それを蒸らしの過程で均一な状態に近づける」

ということです。
ちなみに「」の中は僕の要約です。

どうやら、最初の10分は蒸らしを行い含水量の一定な状態を形成する
というのはこの世界では定説なようですね。

だけど、僕の「煎り上手」だと疲れる…。
一回に80gですよ?
煎った後は…大体70g前後。
一回の焙煎に20分費やしたとして…200gのために1時間…。
げんなりしますね(笑)。

やはりここはサンプルロースターを…。
それか自作か…。


大坊抽出その2 


先日との相違点は、粉を荒くし、微粉を取り除いた点です。

ナイスカットミルの6番で挽き、微粉を除去しました。
そうすると、自然と抽出の速度が速くなった気がします。
個人的な見解ですが、粉の荒さよりは、微粉の除去が
効果的だったと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。