スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水洗いと二度煎り。 


生豆を洗って焙煎したことは…これまでにも1,2回ありました。
そのときは、「なんだか生臭くなった気が…」と
真剣に検討をしませんでした。
豆が水分を含むような気がしたし、
なによりなんだか生臭い匂いが増したような気がしたんです。

こういった固定概念があったにもかかわらず水洗いに
再度挑戦したのは「チャフ対策」、これにつきます。
どうにかならないものかと考えていた矢先、
どこかで「二度煎り」の記事をみまして、
「一回目でいったん水分を飛ばそう!」
→「水洗いをこれで乗り切ろう」
とよくわからない結論に達したのであります(笑)

水洗いも二度煎りも、
正当な手続きがあるのかどうかわからなかったので、
とりあえず…適当に挑戦してみました。

使用した豆はケニアAAです。

まずは水洗い。
生ごみ用のネットに豆をいれて、ぬるま湯でゴシゴシ。
「たしか2~3回って書いてあったような…」
と思いつつも…皮がはがれて面白かったので、
ついつい8分ほど…ゴシゴシ。
ちょっとふやけた気も…。

次に僕の「煎り上手」で7分ほど、
かるくキツネ色になるまで約7分。
見た目は、水分が抜け、含水量は一定になっているように見えます。

次に、冷ました豆を半分にわけ、
一方はその後6分かけて2ハゼ中頃まで煎り、
もう一方は1週間ほど寝かせてみようかなと思い、そのままに。

煎った方は3日後くらいに試飲してみます。

スポンサーサイト

コメント

メリロートの美容にとは

メリロートとは、ヨーロッパからアジアにかけて広く分布しているマメ科の黄色い花を付ける植物で血液の流れをよくしてくれる効果のあるハーブの一種です http://materialistic2.crosstudio.net/

フリーラジカルをダイエットに活用する

フリーラジカル(freeradical)とは、自由に動き回る電子(=不対電子)を持った原子や分子です http://tableware.crosstudio.net/

ティーンズ文庫

ティーンズ文庫を探すなら http://www.umaiumai.biz/200162/209260/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arabianrakuda.blog58.fc2.com/tb.php/38-4ea57a25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。